『聴覚障害者のための字幕付与技術』シンポジウム 2018


多数の方に申込み頂き、準備を進めてまいりましたが、 先日来の大雨により大規模な避難指示・勧告が出ており、 交通機関の運行停止も相次いでいることから、 明日の開催は中止し、日を改めて秋頃に開催したいと思います。 あらためてご案内します。

 音声によるコミュニケーションは人間の社会的活動の基盤をなすものであり、 言葉を聞く上で障害を持つ方に、様々な場で情報保障を提供することが強く求 められています。2016年から施行された障害者差別解消法でも「必要かつ合理 的な配慮」を行うことが義務づけられています。このような情報保障、特に字 幕付与に関して最新の技術を紹介し、意見交換を行なう場として、本シンポジ ウムを開催してきました。
 本シンポジウムの10回目の開催に際して、原点に立ち返り、教育現場や講 演会場における情報保障・字幕付与について、音声認識の導入を含めた現状報 告と議論を行いたいと思います。難聴者・中途失聴者・ろう者の皆さん、要約 筆記者、教育関係者、速記者、情報通信技術(ICT)研究者など、字幕付与技術 に関心のある皆さんの参加をお待ちしています。

☆日時 2018年 7月 7日(土) 午後1時30分〜5時30分
☆場所 京都大学 総合研究8号館 3階NSホール (京都市左京区吉田本町)
    京都市左京区吉田本町 ...アクセスマップの59番の建物
☆定員 200名
     参加無料、ただし懇親会費(任意参加;3000円程度)は当日受け
☆主催 京都大学 情報学研究科 河原研究室
    (一社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 近畿ブロック、京都府難聴者協会
    速記科学研究会、速記懇談会
☆協賛 (社福)京都聴覚言語障害者福祉協会
    (公財)京都新聞社会福祉事業団
    (特非)全国要約筆記問題研究会
    (公社)日本速記協会
    京都大学 学生総合支援センター 障害学生支援ルーム
    高等教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)
(以上予定を含む)
☆協力 (株)ワードワープ

☆プログラム
13:30 開会挨拶		兼子次生
13:40 講演1「大学における障害学生支援の現状」
    村田 淳 (京都大学 障害学生支援ルーム)
14:10 講演2「聴覚障害者への文字による情報保障のあり方」
    長谷川洋 (全国文字通訳研究会)
14:40  講演3「『言葉の壁』を越える総務省の取組」
    田沼知行 (総務省国際戦略局技術政策課)
15:10 (休憩)
15:30 講演4「IPtalkにおける音声認識対応」
    栗田茂明 (日本遠隔コミュニケーション支援協会)
16:00 講演5「音声認識と字幕付与技術の進展」
    河原達也 (京都大学)
16:30 自由討論
    兼子次生 (日本速記協会;Intersteno日本代表)
17:15 閉会挨拶		山口武彦 (京都府難聴者協会)
17:30 交流会

☆問合せは、河原達也、兼子次生 (jimaku18@sap.ist.i.kyoto-u.ac.jp) まで